たくさん歩いた夜は足のむくみがひどい

たくさん歩いた夜は足のむくみがひどい

毎朝起きた時の顔のむくみは最近ひどくなり、また夜になると足もむくんでパンパンになっています。特にたくさん歩いた時や立ち仕事していた時によくなりますのでマッサージは欠かせないです。寝る時はむくみ防止に着圧ソックスを履いて対策をしています。

 

むくみ解消にバナナが良いと聞いたので毎朝バナナは朝ごはんがわりに頂いています。また、むくみやすい人は足首がよく動き血流を良くするとよいそうなのでローファーを履くようにしています。むくみ防止にはローファーが良いということです。足がむくんでいると益々足に疲れが来るように感じます。足元が重いせいかおぼつかなくなり、どっと疲れが全身に来てしまうのでそんな日は半身浴ではなく全身湯船につかり全身の血行をよくするように心がけています。

エコノミー症候群!

アイスランドは遠かった…

 

乗り継ぎも含め、およそ3時間+12時間も狭い座席にとじこもり、しかも窓側をとっちゃったら隣席はデッカい外国人のおばさまがグーグー寝ていらっしゃる。

 

海外旅行なんて滅多に機会もないので、エコノミー症候群という言葉は聞いたことがあっても、特に対策を調べてもいなかったし、機内では結構飲酒もしていたので、「なんだか服や靴がきついなぁ… アイスランドの食事が美味しかったから太った?」と思っていました。帰宅してびっくり!足がパンパンにむくんでいます!

 

普段なら慌てないで、足を洗面器のお湯にでもつけてのんびり回復を待ちますが、翌日に友人の結婚式を控えていて、新調した華奢なハイヒールが入らない!

 

スーツケースもほどかず、まず入浴。全身入浴ではなく、半身浴。バスソルトを多目に入れて、雑誌を持ち込んで。汗がスムーズに流れるようになったところで、今度は、バスタブの蓋をあけたまま、椅子に座り、膝上からふくらはぎにラップをまきつけ、更にアルミホイルでくるみ、洗面器に熱めのお湯をはって足を入れる。真夏日だったので、これで1時間くらい居ても汗は出続けます!

 

その後、全身マッサージを兼ねてよ〜く身体をあらい、特にふくらはぎを下から上へもみあげるように。その晩はビールをぐっとこらえ、寝る前に、爪先立ち20回+かかとをつけ爪先を上げるのを20回+つま先とかかとをつけ土踏まずを上げるのを20回、これをBGMとともに3セットやって、足裏にすりおろした胡瓜を湿布して、顔のむくみより足のむくみと、足を思い切り高くした状態で寝ました。

 

ポイントは、ふくらはぎのポンプをスムーズに働かせること、水分を流して出すこと、熱をとること。

 

あまり気にしていませんが、日頃の仕事もPC前に座りっぱなしでむくみやすいので、時々上に書いた、爪先立ちなどの運動は、気づいた時にしています。飛行機内でもやればよかったのね…あんなに酷くなるとは思わなかったのです。